otna_jyuku

                       サ イ ト の 見 方

   

                                                      解決は、Youだ!!

                                                        Youが実行するだけだ。

                         

 

 

ここは個人のお悩みを解決する相談サイトの見方についてまとめた所です。

 

 

このサイトの見方は悩める方のため、少しでもシステムをご理解いただくようなものを作成いたしました。

 

サイト全体を三つのステップとアフタ−ケア−の部分にわけていますので、順を追ってご覧ください。

 

                                                                                             

                                                                                         

〖 第一ステップ 〗

 

 

 

 

 

 

お悩みに関することを中心に設定しています。というのは、悩みは1つだけに限りません

(1)全体は丸番号中心

ので、出来ることから解決していきましょう。

(2)悩みから解決まで

このステップでは、法則らしいものについての説明に重点をおいています。そのために

(3)法則と悩みの関連

ご自分のお悩みのことを整理してご覧いただくとよいでしょう。

(4)製作者の自己紹介

ホ−ムのボタンは以下の通りです。必ずしも、順序どおりに見る必要はありません。

(5)詳細は各ペ-ジを見て

                                                             

 

@ 悩みの種類   A 相談の流れ   B 法則なのか  

 

C 事例とは何か  D 悩みの原因   E 事例総合表 

 

 

 

 

 〖 第二ステップ 〗 

 

法人サイトへ跳ぶ 

 

 

 

法則らしいものを使いお悩みを解決しようとすることはおわかりいただけるでしょう。

 

その後、この相談室のシステムについてご理解いただけるようにしています。

 

そのための処理がいくつかあります。もちろん、疑問にお答えするためのものもあります。

 

そして、ご納得していただければ会員のお申込みいただけるようお願いいたします。

 

ホ−ムのボタンは以下の通りです。必ずしも、順序どおりに見る必要はありません。

 

 

@ 解決への一歩    A Q & A         B 解決への手順    

 

C 料金・お支払い   D 事 例 を 読 む  E お 申 込 み 

 

 

 

 〖 第三ステップ 〗            

 

 

           

 

このステップは実際のご相談についてのご説明になります。ここでは、だらだらとした

 

お話ではなく、法則らしいものを活用して解決に向かって行くシステムです。お悩みの

 

ことをお話いただければ、事例と比較することで類似のことがわかります。そして、

 

どの法則らしいものを使えばよいかわかります。一つの悩みで最大3つ考えられます。

 

ホ−ムのボタンは以下の通りです。必ずしも、順序どおりに見る必要はありません。

 

 

 

@ 相談の予約   A 姓名判断     B 相談の実施(会員に限り、法則の詳細も見れます。) 

 

C 解決への道   D 事 例 ガ イ ド   E 姓名判断のご説明 

 

 

        

 

〖 アフタ−・ケア− 〗  

 

 

 

  

この法則らしいものは、実行しないことには結果は出ません。そのためにも、アフタ−ケァ-をいたします。

 

その道具として、希望の方にだけに、メ−ル・マガジンを会員の皆様に送信いたします。

 

その中には、法則らしいことや会員だけにお伝えすることあります。関係するブログも紹介します。

 

メ−ル・マガジンは「いんた-ふぇ-す News」といいます。以前、月刊で発行していたものを復刊する予定です。

 

最後に、会員になっていただいた方には、後に続かれる方のために、簡単なアンケ−トをお願いしています。

 

その結果を反映させて、よりよい相談室にしたいと思っています。よろしく、ご協力、お願い申しあげます。

 

 

 

 

悩みの種類               法則なのか